BBC Learning English YouTube Channelのロゴ

ITで英語力アップ

YouTubeで”BBC Learning English”を学ぶ

投稿日:

膨大なYouTube英語学習チャンネルからどう選択するか?

近年、英語学習ツールとして圧倒的な人気を博しているのは、YouTubeです。世界中のNative Englishの人々がさまざまな英語学習教材を作成して、YouTubeから動画の教材を発信しています。YouTubeのすばらしいところは、コンテンツがすべて無料で提供されていること、最新の教材が日々更新されていることでしょう。その多くは、YouTubeチャンネルに登録することで、素早くアクセスすることができます。ですから、YouTubeで効率的に英語を学習するには、自分のレベルや関心、好みにあったチャンネルに登録するのがいちばんの近道です。

ただし、YouTubeチャンネルはテレビやラジオの番組と違って、だれでも開設、公開することができるので、中身はピンからキリまで、宝のようなすばらしいコンテンツもあれば、ゴミのような質の低いものまであります。これら膨大なコンテンツから、英語力を着実にアップしてくれるものを選択するのは、必ずしも簡単ではありません。この記事では、そんな方法を整理してみたいと思います。

すぐれたYouTubeチャンネルを選択する基準をリストアップすると、次のようになります。

  • 権威のある組織、英語教育団体が制作ないし監修しているもの
  • Transcriptがついているもの
  • コンテンツの質が高いこと
  • 内容が体系立っていること

抜群の質の高さを誇るBBC Learning Englishコース

これらの要件を満たすYouTubeチャンネルとして、まず取り上げたいと思うのは、イギリスの公共放送BBCです。BBCでは、1943年以来、ラジオ、インターネットなどを通じて、世界中の人々に質の高い英語学習のツールを提供しています。そして、ELTons、British Councilなど多くの機関から、そのすぐれたコンテンツに対して受賞しています。

BBC Learning Englishの対象者は、英語の中級から上級にかけてのコースの教員および生徒です。主なコース内容は次の通りです。

  1. Improve your vocabulary
    • The English we speak
    • 6 minute English
    • Learners' Questions -- You ask, we answer
    • Vocabulary: Storytime
  2. Improve your grammar
    • English in A Minute
    • The Grammar Gameshow
    • 6 Minute Grammar
    • English Masterclass
  3. Improve your pronunciation
    • Tim's Pronunciation Workshop
    • The Sounds of English
    • PRONUNCIATION TIPS
    • Pronunciation in the News

非常に体系立ってコースが組まれていることがわかると思います。

BBC Learning Englishでは、単にYouTube動画を流すだけではなく、他のサービスとは違って、Transcriptや語彙の解説文を提供しており、また動画の音声をファイルとしてダウンロードすることもできます。これによって、学習者は受動的な視聴にはとどまらず、自分でPC上に自習用のコンテンツを制作することができます。以下では、Windows版のOneNoteソフトを使って、マルチメディア版「6 Minute English」を試作してみたいと思います。

OneNoteはマイクロソフト・オフィスシリーズの一つで無料で入手可能なコンテンツ作成ソフトです。「ノートブック」「セクション」「ページ」で構成され、YouTube動画を埋め込んだり、音声ファイルを添付したり、各種画像を貼り付けたり、テキストを入れることによって、マルチメディア電子出版物をデスクトップ上で制作することができます。録音機能もついていますから、シャドーイングを手軽に行うのにも適しています。シャドーイングの結果は、同じページに自動的に音声ファイルとして添付されますから、繰り返し実行することによって、学習効果の確認が容易に行えるというメリットもあります。OneNoteのスマホアプリをインストールすれば、iPhoneAndroidのスマホでも閲覧することができますから、移動中などの隙間時間に英語学習を進めることが可能です。こうした一連の制作実習を通じて、学習者はより能動的に英語力のアップに取り組むことができ、受動的な視聴よりもはるかに大きな学習成果を達成することができるものと期待されます。

OneNoteで作る「6 Minute English」

OneNoteの作り方については、他のブログでも紹介していますので、ここでは詳しい紹介は省略します。BBC Learning Englishは、1つの「ノートブック」としてまとめています。このノートブックには10コースからなる「セクション」を収録しています。それぞれのセクションは、複数のページから構成されています。

例えば、「6 Minute English」のセクションは、複数のエピソードに分かれ、それぞれのエピソードは「動画&音声」「Introduction」「This Week's Question」「Vocabulary」「Transcript」の5ページで構成しています。下の画像は、4月18日のエピソード「Rubbits」をもとにOneNoteページを制作したものです。

動画&音声のページ

最初のページには、音声ファイルとYouTube動画を入れています。音声ファイルは、別ページからmp3形式でダウンロードしたものを添付しています。YouTube動画は、「オンラインビデオの挿入」機能を使って、YouTubeの動画URLを挿入し、OneNote上に表示させたものです。このうち、音声ファイルはPCにダウンロードしたものなので、オフラインでも再生することができますが、動画はURLを挿入しただけなので、オフラインでは再生することができません。Wi-Fi環境では再生できます。ちょうど、下のWordPress画面と同じです。WordPressでは、URLではなく、埋め込みコードを挿入している点だけが異なっています。

OneNote作成、学習の手順

1.まず最初に、この動画または音声ファイルを1回通して聞きます。
2.次に、Introductionのページで、本文の概要を把握します。
3.3ページ目では、毎回出されるクイズに答えてみましょう。動画や音声ファイルでは、最初の方でクイズが出されますが、最後の方で回答が提示されます。正しく聞き取れれば、回答は自ずとわかることでしょう。
4.今回の会話の中で出てきた重要で難しい語彙の意味が英語で説明されています。英語の説明がわかりにくければ、英和辞典で補うとよいでしょう。また、これ以外に難しい語彙が出てきたら、英和辞典を引いて、このページに追加記載するといいでしょう。
5.シャドーイング:シャドーイングをどこで行うかは難しいところですが、最初はTranscriptを見る前に行うのがもっとも効果的だと思います。シャドーイングを行うときは、OneNoteの録音がかぶらないように、イヤホンをつけてもとの音声が耳からだけ聞こえるようにします。そして、OneNoteの「オーディオ」メニューで「録音」ボタンを押し、シャドーイングしている自分の声だけが録音されるようにします。シャドーイングの結果は、自動的にOneNoteに録音され、動画&音声のページに録音結果のファイルが自動的に添付されます。シャドーイングが終わったら、「録音」ボタンをもういちど押して録音を終了します。そのあとで、イヤホンをとり、シャドーイングの結果を聞いて、どの程度正しくシャドーイングができたかを確認してみます。シャドーイングは何回でも繰り返して行うと、そのたびに別に名前の添付ファイルが自動的に作成されます。シャドーイングの向上をしっかりと確認することができるでしょう。

6.最後に、全文を文字に起こしたTranscriptを1ページにペーストします。Transcriptの中で意味がわからなかった語彙は、電子辞書を引いて、ここに語彙と意味をペーストしておき、あとで繰り返し覚えましょう。

以上のように、1つのエピソードあたり5ページを使って、6 Minute EnglishのコンテンツをOneNote上で再構成し、リスニング、シャドーイング、辞書での検索を繰り返し行うことによって、英語力を確実にアップすることができます。

-ITで英語力アップ

Copyright© 最新!英語上達法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.