from TED on YouTube

ITで英語力アップ

TEDアプリとOneNoteで徹底的にシャドーイング!

更新日:

TEDとは?

TED(テド、英: Technology Entertainment Design)とは、アメリカのニューヨークに本部がある非営利の英語教育団体です。毎年、カナダのバンクーバーで大規模なカンファレンスを開催し、世界中から有名人を集めて、あらゆるテーマのプレゼンテーションを行っています。このカンファレンスの様子は、テレビ番組、ウェブサイト、YouTube、スマホのアプリなどを通して無料で公開しています。プレゼンテーションは、映像と音声だけではなく、英語や各国語のトランスクリプトという形で提供されていますので、生きた英語、とくにリスニングの学習には最適の教材となっています。

TEDのカンファレンスは1984年にごく身内のサロンとして始まりましたが、2006年にインターネット上で公開されて以来、世界中のユーザーに向けて提供されるようになり、グローバルな英語教育のツールとして絶大な人気を誇るようになっています。

カンファレンスの講演者(プレゼンター)には、著名人が多く、ビル・クリントン(元米大統領)、ビル・ゲイツ(マイクロソフト創業者)、ジェームズ・ワトソン(DNA二重らせん構造の発見者)、アル・ゴア(ノーベル平和賞受賞者)、リチャード・ドーキンズ(進化生物学者)、ジェフ・ベゾス(アマゾン創業者)、ミッシェル・オバマ(元米大統領夫人)、マイケル・サンデル(哲学者)、ジェームズ・キャメロン(映画監督)などが登場しています。

シャドーイングに最適なTEDのスピーチ

TEDは、お手本になるような英語でネイティブが映像と音声を交えてプレゼンしたもので、発音に合わせたトランスクリプトと日本語訳がついているので、シャドーイングにはぴったりのツールです。しかも、スマホのアプリからYouTube、ウェブサイト、テレビまで、さまざまなメディアで提供されているので、自分に合った形態のシャドーイングを進めることができます。まずは、いちばんとっつきやすいスマホのアプリでシャドーイングを行うのがおすすめです。

スマホのTEDアプリ

TEDのアプリは、AndroidとiPhoneの両方出ています。AndroidのアプリはTED Me for TEDです。iPhoneのアプリはTEDICTというものです。どちらもTEDのプレゼンの仲から好きなものを選択し、スピーチとトランスクリプトを同時に表示し、かつ内蔵マイクで手軽にシャドーイングを繰り返すことができます。

下の画像は、iPhoneのアプリTEDICTで生物学者リチャード・ドーキンズの講演を開き、マイクを起動してシャドーイングを行っているところです。ドーキンズ博士のスピーチの下に英語のトランスクリプトと日本語の訳文が表示され、スピーチが終わると、マイクを使ってシャドーイングを行うことができます。その結果はスマホのスピーカーから聴くことができるので、シャドーイングの成果を確かめることができます。とくに難しい操作はいっさい要りません。

 

TEDICTは、次のサイトからインストールできます。

おすすめアプリ

TEDICT LITE

TEDICT LITE
開発元:CoCO SWING
無料
posted withアプリーチ

下の画像は、AndroidのアプリTED Me for TEDでシャドーイングをしているところの画面です。TED Me for TEDを使うときは、前もって、別のAndroid アプリ「MePlayer Movie」をインストールしておくことが必要です。

 

なお、1TED Meアプリは、次のGoogle Playページから入手できます。

Learning language for TED - Apps on Google Play
Learning language for TED - Apps on Google Play

続きを見る

ウェブ上のTED公式サイトでシャドーイングを学ぶ

スマホのアプリでTEDトークのシャドーイングに慣れたら、次にウェブ上のTED公式サイトで大画面の人気プレゼンを見ながら、さらに深いレベルのシャドーイングとリスニングの訓練を行ってみましょう。

TED: Ideas worth spreading
TED: Ideas worth spreading

TED Talks are influential videos from expert speakers on education, business, science, tech and crea ...

続きを見る

ここで例として取り上げるのは、5720万人という、TEDトーク史上もっとも多くの視聴者を集めたサー・ケン・ロビンソン (Sir Ken Robinson)の「学校教育は創造性を殺しているか?」 (Do Schoolss Kill Creativity?)という約19分間のトークです。

このトークセッションのTED公式サイトは、次のところです。

Sir Ken Robinson: Do schools kill creativity? | TED Talk
Sir Ken Robinson: Do schools kill creativity? | TED Talk

Sir Ken Robinson makes an entertaining and profoundly moving case for creating an education system t ...

続きを見る

このページは、カンファレンスのトークをホームページ用に編集したものです。動画の下に「詳細(Details)、「トランスクリプト」(Transcript)、「リーディングリスト」(Reading List)、「コメント」(Comments)という4つのタブがあります。


それぞれのタブをクリックすると、トークの詳細説明、全文を起こしたトランスクリプト、関連サイト、コメントを読むことができます。まずは、「詳細」欄で著者とトーク内容、その背景などについて概要を把握するとよいでしょう。

動画の視聴方法

まずは、TED公式サイトにある動画を繰り返し視聴しましょう。トークによって異なりますが、人気のあるトークでは、数カ国語の字幕を選択することができます。例えば、ケン・ロビンソン氏の場合は、なんと5カ国語の字幕を選択することができます。字幕を選ぶときは、画面右下の字幕アイコンをクリックして選択します。下の画面では、「日本語」を選択しています。

最初は、このように人気のあるトークで日本語字幕をつけながら耳を慣らすのがいいと思います。いっぺん聞いたあと、今度は英語の字幕に切り替えてもう一度聞き、最後は字幕なしでリスニングの勉強をすると効果的でしょう。

トランスクリプトを読みながらリスニング

動画を通して視聴したあと、Transcriptを開いて、動画を見ながら、トランスクリプトで一文ずつ正確に聞き取りましょう。動画で再生している部分には、トランスクリプトにマーカーが表示されますから、綴りを確認するのに役立ちます。意味のわからない単語やフレーズに出会ったら、辞書で確認するとよいでしょう。トランスクリプトの任意の箇所をクリックすると、動画の再生もその部分に移動しますから、トランスクリプトを読みながら動画の該当部分を再生するという、普通とは逆の読み方もできます。

ロビンソン氏のTEDトークのトランスクリプトには、なんと62カ国版が用意されています。日本語訳もメニューの下の方から選択することができます。日本語訳トランスクリプトの場合にも、すべての文章に動画再生画面へのリンクが埋め込まれていますから、トークを再生したい箇所の文章をクリックすれば、英語の音声を聞くことができます。和文英訳の勉強にもなりますね。初級学習者の場合には、まず日本語訳トランスクリプトを読んでから、英語のトークを聞くという方法もあるでしょう。

OneNoteを活用して究極のシャドーイング!

スマホのTEDアプリでは、トークを聞きながらマイクでシャドーイングを録音することができました。PCのTED公式サイトを使ってシャドーイングを練習するときは、ウェブだけで録音する機能はありません。けれども、Windows Officeソフトの一つであるOneNoteを併用すれば、ノート画面に動画とトランスクリプトを貼り付け、シャドーイングしながらOneNoteのオーディオ機能を使って録音し、その結果を同じノート上に保存、再生することができます。これによって、TEDによるシャドーイングをオフライン上で徹底的に活用することができます。

OneNoteの使い方は、他のページで紹介しましたので、ここでは省略し、TEDトークについてのノートブック作成から始めたいと思います。OneNoteはWindowsでもMacでも利用できますが、オンライン動画の挿入はWindowsソフトだけの機能になりますので、ここではWindows版のOneNote利用を想定して解説します。

OneNoteは、「ノートブック」「セクション」「ページ」という3つの層から構成されています。出版物にたとえれば、「本」「章」「ページ」に比較できるでしょう。ただし、本とは違って、1ページの長さ(分量)に上限はないため、本のページよりも多くの情報を含めることができます。また、テキストに加えて、動画や写真、音声ファイルを挿入できるので、マルチメディア的なコンテンツを作成することができます。

今回はケン・ロビンソン氏のトークを事例として取り上げ、OneNote上でシャドーイングをする手順を紹介したいと思います。ノートブック名は「TED」、セクション名は「Do Schools Kill Creativity」とし、「動画&トランスクリプト」「単語&フレーズ」などをページの各タイトルにつけます。

「動画&トランスクリプト」のページは2種類作ります。1ページ目は「動画+英語トランスクリプト」です。幸いなことに、Windows版OneNoteでは、「オンラインビデオ挿入」メニューを使って、TED公式サイト上の動画のURLをコピー&ペーストするだけで、OneNoteのページ上にTEDトーク動画を挿入することができます。また、動画の下部メニューで多言語字幕を選択することができます。1ページ目では、英語字幕を選択しておくといいいでしょう。

動画の下には、TEDサイトのTranscriptタブからEnglishを選んで表示させた英語トランスクリプトをコピー&ペーストで貼り付けます。これによって、動画を再生しながら、下の英語トランスクリプトを読み、初出の単語やフレーズにカラー・マーカーでチェックを入れたり、語彙の意味を日本語で入れたりすることができます。

上に示したのは、OneNote制作の1ページ目冒頭部分です。黄色いマーカー部分は、ちょっとわかりにくかったところで、日本語トランスクリプトを下にメモしています。これなら、トークの意味を一目で読み取ることができますね。このように、全体を通してわかりにくい箇所を日本語トランスクリプトや辞書を引いて確認し、黄色のマーカーと( )での日本語注記でメモっていけば、トークの内容を完璧に理解することができるでしょう。シャドーイングの前に、動画を視聴しながら、このような作業を行っておくと、シャドーイングがより快適に進むでしょう。

-ITで英語力アップ

Copyright© 最新!英語上達法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.