2019年10月 「最新!英語上達法」をリニューアル・オープンしました

映画字幕で英語学習!『When Harry Met Sally』(恋人たちの予感)

この映画について

この映画は、いわゆる「ラブコメ」の元祖ともいえる記念碑的な作品です。英語では、ラブコメとはいわず、Rom-Comといいます。Romantic Comedyの略語ですね。1989年に公開されたアメリカ映画です。ノーラ・エフロン脚本、ロブ・ライナー監督作品。ノーラ・エフロンといえば、のちに、同じくめぐ・ライアンの主演した『めぐり逢えたら』や『ユー・ガット・メール』も手がけています。また、ロブ・ライナー監督は、名作『スタンド・バイ・ミー』を制作した方です。



あらすじ

舞台は1977年のシカゴとニューヨーク。シカゴの大学を卒業したばかりのハリー(ビリー・クリスタル)とサリー(メグ・ライアン)は、サリーの友人に頼まれて同じ車でニューヨークに行くが、途中口論しあう。それから10年の間に、紆余曲折があった後、二人はようやく結ばれるという物語。まだうら若いメグ・ライアンがとてもチャーミングです。

では、例によって、映画のストーリーに沿って、役に立つ英語表現をピックアップしていきたいと思います。

I have it all figured out. ぜんぶ計算してみたの。

“I have it all figured out. It’s an 18 – hour trip which breaks down into six shifts or three hours each.”
「(ニューヨークまで車で)18時間かかるから、3時間交代で運転することになるわね。」

シカゴ大学の構内。シカゴ大学を卒業したばかりのハリーとサリーは、どういう訳か、サリーの車でニューヨークまで同行することになりました。

come on to someone  くどく

Sally: You are going with her.
Harry: So?
Sally: So you’re coming on to me.

ニューヨークへ向かう途中のレストランで。ハリーはサリーに、「君は魅力的な女性だ」と言います。サリーは「あなたは彼女がいるというのに、私をくどくつもり?」と責めます。

make a pass at someone  (女性に)交際を迫る、くどく

それから5年後、サリーは空港で新しい彼氏とキスをしていました。そこにハリーが通りがかり、彼氏との再会をよろこびます。でも、サリーとは知らんぷりをしてその場をさります。サリーは彼氏に、ハリーとは5年前にニューヨークまで同行したが、その際にハリーが彼女をくどこうとした、と語りました。

He made a pass at me, and when I said no., I said I could just be friends.  He was going with a girlfriend of mine…  Oh, God, i can’t remember her name.

 

on account of something  …のせいで、が原因で

間もなく、サリーは彼氏と別れてしまいます。一方、ハリーも結婚していた女性と別れます。ハリーがそのことを友人に話すと、友人はこう言いました。「結婚は不倫が原因でこわれるもんじゃないよ」。

Harry: One day she would kick the shit out of me.
Friend: Marriages don’t break up on account of infidelity.  It’s just a symptom that something else is wrong.

 

He’s obnoxious.  いやな奴よ。

サリーが友人と本屋で品定めをしていると、たまたまハリーが居合わせ、サリーの方を見ていました。サリーは友人に、「彼はいやな奴よ」と言います。

Friend: He’s cute.
Sally: You think he’s cute?
Friend: How do you know he’s married?
Sally: ‘Cause last time I saw him he was getting married.
Friend: When was that?
Sally: Six years ago.
Friend: So, he might not be married anymore.
Also, he’s obnoxious.

statute of limitations  (法律的な)時効
under the wire   かろうじて間に合った

Harry: You’re much softer now.
Sally: You know , I hate that kind of remark. It sounds like a compliment, but really it’s an insult.
Harry: Okay, you’re still as hard as nails.
Sally: I just didn’t want to sleep with you, and you had to write it off as a character flaw instead of dealing with the possibility that it might have something to do with you.
Harry: What’s the statute of limitations on apologies?
Sally: Ten years.
Harry: Ooh, I can just get it in under the wire.

 

この会話のあと、サリーはハリーを夕食に誘います。彼らは初めて異性と友人関係を結んだのでした。

consolation prize  残念賞、競争に敗れた人に与える贈り物

ハリーはサリーへの想いを捨てられず、彼女に何回も電話をかけますが、サリーは受け付けません。一緒に新年を祝おうとの提案にも、すげなく、「私はあなたに贈る残念賞ではないのよ」と断ります。

Harry: What are you doing for New Year’s ?  ‘Cause I don’t have a date.  And if you don’t have a date we always said that if neither one of us had a date we could be together for New Year’s, you know….
Sally: I can’t do this anymore. I’m not your consolation prize.  Goodbye.

けれども、その夜独りでニューヨークの街を歩いているうちに、ハリーはサリーを心から愛していることに気づき、サリーのいるパーティー会場へと急ぎます…..。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。