OneNoteで学ぶ中・上級英語

ネット&PCで利用できる中・上級用英語教材

このブログを読んでくださっているユーザーの多くは、おそらく英語力が中・上級のレベルにあるのではないかと、勝手に推測しています。私自身がそのレベルにあり、日々ネットやPCを使って英語力のスキルアップに取り組んでいます。

中高年になると、だれでも記憶力が少しずつ衰えてきます。また、これは私だけのことなのかもしれませんが、大学ノートに手書き文字で英単語、フレーズ、英文などを筆記するのはおっくうに感じてしまいます。そうした問題を解消してくれるのは、このブログでたびたび取り上げている、OneNoteというノートブック・アプリではないかと密かに確信しています。

OneNoteとはなにかという点については、これまでにも当ブログでたびたび取り上げてきましたので、次の記事などを参考にしていただければと思います。

[st-card-ex url=” https://medialabo.info/blog/?p=9893   ” target=”_blank” rel=”nofollow” label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”続きを見る”]

下の画像は、私が英語学習のために作成したOneNoteのノートブックです。2019年6月現在、電子書籍、ネット、PC、mp3ファイルなどの「デジタル教材」の中で、中上級用英語の学習に最適のもの(なるべくコストのかからないもの)を精選しています。

スカイプやネット動画を利用した月額制の有料コンテンツは入れていません。基本的に英語学習にお金をかけたくないというのが本音です。例えば、電子雑誌にしても、English Journalと並んですぐれた中上級用の教材として、CNN English Expressというのもありますが、これは月々1200円以上も払わなくてはなりません。それに対し、English Journal誌は、定額制のマガジン(楽天マガジン、Tマガジン、Kindle Unlimitedなど)を購読していれば、他の数百もの雑誌の中の一冊として、月々わずか400円で手に入るのです(過去1年分のバックナンバーも読める上、音声教材のmp3ファイルも追加料金なしにダウンロードできます)。そこで、英語月刊誌はEnglish Journalにしぼりました。CNNならば、YouTubeなどのネット動画でCNN10という英語教材を無料で視聴することができますから、わざわざ月刊誌を購読する必要はないのでは考えています。

上の画像は、TEDという英語プレゼンテーション教材の動画をOneNoteに貼り付け、英語のトランスクリプトをその下にペーストしたものです。そこで、まずは中上級のネット英語教材として定評のあるTEDを紹介し、それをどのようにOneNoteに取り込むかを説明したいと思います。

TEDとは?

TED(テド、英: Technology Entertainment Design)とは、アメリカのニューヨークに本部がある非営利の英語教育団体です。毎年、カナダのバンクーバーで大規模なカンファレンスを開催し、世界中から有名人を集めて、あらゆるテーマのプレゼンテーションを行っています。このカンファレンスの様子は、テレビ番組、ウェブサイト、YouTube、スマホのアプリなどを通して無料で公開しています。プレゼンテーションは、映像と音声だけではなく、英語や各国語のトランスクリプトという形で提供されていますので、生きた英語、とくにリスニングの学習には最適の教材となっています。

TEDのカンファレンスは1984年にごく身内のサロンとして始まりましたが、2006年にインターネット上で公開されて以来、世界中のユーザーに向けて提供されるようになり、グローバルな英語教育のツールとして絶大な人気を誇るようになっています。

カンファレンスの講演者(プレゼンター)には、著名人が多く、ビル・クリントン(元米大統領)、ビル・ゲイツ(マイクロソフト創業者)、ジェームズ・ワトソン(DNA二重らせん構造の発見者)、アル・ゴア(ノーベル平和賞受賞者)、リチャード・ドーキンズ(進化生物学者)、ジェフ・ベゾス(アマゾン創業者)、ミッシェル・オバマ(元米大統領夫人)、マイケル・サンデル(哲学者)、ジェームズ・キャメロン(映画監督)などが登場しています。

Shadowingに最適なTEDのスピーチ

TEDは、お手本になるような英語でネイティブが映像と音声を交えてプレゼンしたもので、発音に合わせたトランスクリプトと日本語訳がついているので、シャドーイングにはぴったりのツールです。しかも、スマホのアプリからYouTube、ウェブサイト、テレビまで、さまざまなメディアで提供されているので、自分に合った形態のシャドーイングを進めることができます。まずは、いちばんとっつきやすいスマホのアプリでシャドーイングを行うのがおすすめです。

スマホのTEDアプリ

TEDのアプリは、AndroidとiPhoneの両方出ています。AndroidのアプリはTED Me for TEDです。iPhoneのアプリはTEDICTというものです。どちらもTEDのプレゼンの仲から好きなものを選択し、スピーチとトランスクリプトを同時に表示し、かつ内蔵マイクで手軽にシャドーイングを繰り返すことができます。

下の画像は、iPhoneのアプリTEDICTで生物学者リチャード・ドーキンズの講演を開き、マイクを起動してシャドーイングを行っているところです。ドーキンズ博士のスピーチの下に英語のトランスクリプトと日本語の訳文が表示され、スピーチが終わると、マイクを使ってシャドーイングを行うことができます。その結果はスマホのスピーカーから聴くことができるので、シャドーイングの成果を確かめることができます。とくに難しい操作はいっさい要りません。